サンライズLNGにチャンスなし=サントス

オーストラリアの石油大手サントスは、同業のウッドサイド・ペトロリアムがオペレーターを務める北部ティモール海のグレーター・サンライズ液化天然ガス(LNG)の開発について「実質的にチャンスはない」との見方を明らかにした。代わりに、米同業コノコフィリップスと共同で、…

関連国・地域: 韓国オーストラリア日本東ティモール米国欧州
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーにはお酒が好き…(02/18)

日豪褐炭水素計画に環境認可 2020年生産開始に向け前進(02/18)

〔政治スポットライト〕電力企統制法案、与党が総選挙の争点に(02/18)

トール、TAS州貨物拡張に3億$以上投資(02/18)

アダニ炭鉱にダメ出し、科学的評価の草案で(02/18)

豪インドネシア、IA―CEPAを3月締結(02/18)

〔ポッサムのつぶやき〕豪最高裁判所、昨年の満場一致判決は44%(02/18)

非正規社員の二重取り規制、野党が撤回動議(02/18)

AMP通年97%減益、構造改革急務に(02/18)

保険サンコープが異常気象に悲鳴、45%減益(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン