ECの利用急増、対応迫られる物流事業者

電子商取引(EC)の利用急増で、インドネシアの物流事業者は早急な対応が求められている。インドネシア物流協会(ALI)によると、今年はEC関連の配送量が前年比4割増の10億箱に上ると見込まれている。8日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 国営郵便ポス・インドネシアは、…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国人寿保険、インドネシアの生保市場参入(17:01)

物流J&T、4都市に自動仕分け拠点を建設(16:52)

大統領選候補の資産公表、ウノ副知事が首位(16:08)

テイクオフ:ジャカルタでは最近、歩…(08/16)

【自動車特集】買いたい車はトヨタと五菱 日本車への評価堅調、迫る中国車(08/16)

政策金利を利上げ、27カ月ぶりの5.5%に(08/16)

7月貿易収支、今年最大の20億ドル赤字(08/16)

ホンダ二輪、オートショーの成約台数千台(08/16)

中国五菱、オートショー成約台数は626台(08/16)

上半期の投資2.7兆円、前年同期比7%増(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン