• 印刷する

住商が工事の発電所で火災、けが人なし

ベトナム南部チャビン省で建設されているズエンハイ第3火力発電所で7日午前、火災が発生した。同発電所の拡張プロジェクトをEPC(設計・調達・建設)契約で受注している住友商事によれば、けが人はいない。

VNエクスプレスによれば、火災は午前10時45分に建設中の煙突で発生し、午後1時に消火されるまで辺りに煙が立ち込めた。これまでの調査では溶接が出火原因の可能性がある。

住友商事の広報によれば、脱硫装置が出火場所となった。詳細な原因は当局が検証する。住友商事は同プロジェクトを2014年に受注した。完成は18年中とされているが、工期への影響について広報担当者は、「現時点では詳細は不明」としつつ、発電所工事の現場全体への立ち入りは制限されておらず、他の工程の工事は止まっていないという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【運輸・宅配】物流の新興企業、各地で実績 トラックの最適化で非効率を打破(10/24)

三菱UFJ、HCM市で過去最大の商談会(10/24)

ロンタイン空港、事業化調査に遅れ(10/24)

ハノイ環状2・3号線の連絡道路、完成間近(10/24)

サムスン現法、税関優先制度の適用3年延長(10/24)

ミックス古紙の輸入禁止でコスト高に(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

ズンクアット工場、再稼働後初の製品生産(10/24)

日本ペイント、メコンデルタで販売網拡大(10/24)

ベトテルとFLC、IT導入で提携(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン