• 印刷する

住商が工事の発電所で火災、けが人なし

ベトナム南部チャビン省で建設されているズエンハイ第3火力発電所で7日午前、火災が発生した。同発電所の拡張プロジェクトをEPC(設計・調達・建設)契約で受注している住友商事によれば、けが人はいない。

VNエクスプレスによれば、火災は午前10時45分に建設中の煙突で発生し、午後1時に消火されるまで辺りに煙が立ち込めた。これまでの調査では溶接が出火原因の可能性がある。

住友商事の広報によれば、脱硫装置が出火場所となった。詳細な原因は当局が検証する。住友商事は同プロジェクトを2014年に受注した。完成は18年中とされているが、工期への影響について広報担当者は、「現時点では詳細は不明」としつつ、発電所工事の現場全体への立ち入りは制限されておらず、他の工程の工事は止まっていないという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EC訪問数、地場3社が健闘 東南アジア上位10位にランクイン(01/17)

18年の訪日ベトナム人、39万人で記録更新(01/17)

18年の完成車輸入、16%減の8.2万台(01/17)

ビンファスト、20年に高級ライン7車種発売(01/17)

ダナン、鉄道建設でシンガポールに支援要請(01/17)

HCMメトロ、20年の完成目指し建設急ぐ(01/17)

ビナラインズ、18年は利益3650億ドン(01/17)

儒鴻、2Qにも苗栗でプリント工場を稼働(01/17)

韓国リホボス、ハノイにレンタルオフィス(01/17)

韓国CBA、HCM市に共有オフィス開設(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン