エネ鉱相、EVへの関税と奢侈税撤廃を検討

インドネシアのジョナン・エネルギー鉱物資源相は、電気自動車(EV)に輸入関税と奢侈(しゃし)税を課さない方向で検討を進めていることを明らかにした。8日付コンタン(電子版)が伝えた。 ジョナン・エネ鉱相によると、EVへの課税に関して財務相、産業相の3者で協議した…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアの伝統的な…(05/28)

キャッシュレス化、一段加速 1~4月の電子決済額は約5倍(05/28)

パレンバンLRT、7月15日開通目標(05/28)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(05/28)

ゴジェック、東南ア4カ国進出に5億米ドル(05/28)

注射剤の康友、インドネシアで登録許可証取得(05/28)

ペリンド2、1~3月の貨物取扱量が14%増(05/28)

配車ゴジェック、数カ月以内に国内進出(05/28)

東カリマンタンの新空港が24日に開港(05/28)

過積載トラック、高速の乗り入れ禁止を検討(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン