ワーフの17年本決算、基本利益14%増

香港のコングロマリット、九龍倉集団(ワーフ)が8日発表した2017年12月期本決算は、純利益が前年比2%増の218億7,600万HKドル(約2,958億円)だった。投資不動産の評価益や不動産関係会社からの利益貢献が増えた。評価損益などの影響を除いた基本利益は14%増の157億1,800万HKド…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産運輸小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に(13:31)

テイクオフ:映画を観ることが好きな…(10/16)

住宅の小型化に歯止めか 公営供給増加で需要変化(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(10/16)

香港株式の実名制導入、来年にも諮問へ(10/16)

仮想通貨取引所に規制導入を検討、SFC(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン