サムスンSDS、AI活用で物流事業が拡大

サムスングループでシステム開発会社、サムスンSDSは、人工知能(AI)やブロックチェーン(分散型台帳)技術の活用などで、物流事業を拡大している。 サムスンSDSは、自社の物流関連情報技術システム「チェロ」を基に、在庫管理などの業務を請け負う「物流アウトソーシン…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

現代自、主力ミニバンの特別限定モデル投入(05/22)

韓国カムシス、ベトナムで超小型EV生産へ(05/22)

フエに観光特区造成、韓国企業の協力を要請(05/22)

テイクオフ:ドルイドキング事件――…(05/21)

LGグループが4代世襲へ 会長の長男、安定した経営環境を(05/21)

LGグループ具本茂会長、73歳で死去(05/21)

韓国企業、北部に物流センター開設(05/21)

SKの期待高まる、東芝メモリ売却決定(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン