民間企業の労働者、年金支給は60歳から

カンボジアの国家社会保障基金(NSSF)は6日、民間企業向けの年金制度について、労働者への年金の支給開始年齢を60歳に設定する方針を明らかにした。2019年にも支給を始める。クメール・タイムズ(電子版)が8日伝えた。

オク・サムビシア局長は、縫製工場の労働者や非正規労働者が一定の基準を満たした場合、年金を支給すると説明した。年金受給に必要な積立額などの詳細は、草案の作成段階にあるとして明らかにしなかった。

フン・セン首相は昨年、縫製工場を訪問した際、19年から年金支給を始める考えを表明。受給額は給料の80%になると説明した。公務員の定年は60歳にすることを明らかにしている。

NSSFの登録企業は1万社以上。140万人以上の労働者が健康保険など社会保険料として支払った、基金計1億700万米ドル(約113億円)を運用している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼産業の成長道半ば 消費見劣り、輸入でコスト高(05/22)

国道5号線の南区間、日本支援で改修に着手(05/22)

中国カセン、地場アットウッドと資本提携(05/22)

労働許可証の取得、年初来で7万人に(05/22)

ネット情報の一括監視、政府が計画か(05/22)

空港などにQRコード導入、サービス評価へ(05/22)

小口金融の融資残高、3月末で約4割増(05/22)

アユタヤ銀、ベトナム消費者金融の参入先送り(05/22)

如興、タンザニアの生産能力を自社最大に(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン