• 印刷する

楽天、民泊事業で地場ヤノルジャと提携

楽天グループで民泊事業を手掛ける楽天LIFULL STAY(東京都千代田区)は7日、韓国の宿泊施設予約サービス会社のヤノルジャと民泊事業における業務提携を結んだ。

楽天は今年6月に開設予定の民泊予約サイト「Vacation STAY(仮称)」に掲載する日本の民泊情報を、韓国のヤノルジャサイトから検索・予約できるようにする。また、韓国からの訪日観光客に対する共同マーケティングも手掛ける計画だ。

楽天LIFULL STAYの太田宗克代表取締役は「ヤノルジャと協力し、韓国からの訪日旅行客にとって、日本をより一層魅力的な観光地にしていくことを目指す」と述べた。

ヤノルジャにとっては、海外向け事業は初めてとなる。同社のイ・スジン代表は「今回の業務提携は、ヤノルジャの海外市場進出の出発点。今後もさまざまな海外事業者との協力を通じ、宿泊だけでなく多様な旅行事業を拡大していく」とコメントした。

楽天によると、ヤノルジャに登録された宿泊施設は1万7,000件を超える。同社アプリケーションを通じた2017年の売上高は650億ウォン(約64億8,620万円)に上った。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: IT・通信サービス観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

政策金利据え置き、7回連続=韓国銀行(11:51)

テイクオフ:韓国のMBCラジオに「…(10/18)

サムスンが車載半導体に本腰 ドイツで独自ブランドを公開(10/18)

9月輸出額8.2%減、連休が影響(10/18)

韓国現代ウィア、工作機械の越事務所を開設(10/18)

国内回帰企業への支援拡大、韓国政府(10/18)

韓国の競争力、世界で15位=WEF(10/18)

会社員の週平均労働時間、49時間55分(10/18)

国営通信の電子決済事業、韓国同業と提携(10/18)

サムスン電子、スペイン通信分析業者を買収(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン