タクシン氏の審理再開、被告不在で可能に

【バンコク共同】タイ最高裁は6日、タクシン元首相が2008年に国外逃亡したため停止したタクシン氏の汚職に関する事件の審理を再開した。昨年の法律改正で、被告が政治的立場にある場合は被告不在でも審理可能となったため。地元メディアが伝えた。 タクシン氏は、電気通信事業者…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

トルコリラの暴落、タイへの影響は限定的(19:01)

テイクオフ:先月末の4連休を家で過…(08/15)

日本食店が新業態で集客強化 一風堂にバー、地場はFC集合店(08/15)

デュシタニが日本に子会社、ホテル投資事業(08/15)

パンプラス、東部空港近くに大型複合施設(08/15)

タイへの出稼ぎ労働者千人を強制送還(08/15)

不動産オリジン、子会社12社設立(08/15)

【アジア自動車データ集】生産台数(329)(08/15)

上場航空4社、1~6月はおおむね業績回復(08/15)

商業省、タイに国境貿易の拡大要請(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン