タクシン氏の審理再開、被告不在で可能に

【バンコク共同】タイ最高裁は6日、タクシン元首相が2008年に国外逃亡したため停止したタクシン氏の汚職に関する事件の審理を再開した。昨年の法律改正で、被告が政治的立場にある場合は被告不在でも審理可能となったため。地元メディアが伝えた。 タクシン氏は、電気通信事業者…

関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

世界競争力、タイは3ランク下落の30位(05/25)

車部品、1~3月は5%増 市場回復もメーカーで明暗(05/25)

4月の新車販売、25%増の7.9万台(05/25)

4月の新車販売(表)(05/25)

建築展示会が開幕、来場者4500人見込む(05/25)

PTT、EVディーラー事業に関心(05/25)

TOTO、20年にウォシュレット生産へ(05/25)

ヤマト、小口保冷配送で国際規格取得(05/25)

配車オールタイ、VIP用にベンツ100台(05/25)

商業施設CPN、5年で3400億円投資へ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン