• 印刷する

クラレと住友商事、PTTGCと合弁契約

クラレと住友商事は7日、タイ国営石油PTTの石油化学子会社PTTグローバル・ケミカル(PTTGC)の3社で合弁契約を締結したと発表した。タイで自動車部品などに使われるブタジエン誘導品を製造・販売する。

最終的な投資判断や合弁会社の詳細内容はこれから検討する。出資比率はクラレが53.3%、PTTGCが33.4%、住友商事が13.3%となる見通しだ。

3社は2016年9月より合弁事業に向けた事業化調査を進めてきた。東部ラヨーン県のヘマラート・イースタン工業団地で、高耐熱性ポリアミド樹脂と水素添加スチレン系熱可塑性エラストマーを生産する計画で、年産能力はそれぞれ1万3,000トン、1万6,000トンを見込む。

主な原料となるブタジエンは、同工業団地に製造拠点を置くPTTGCから供給を受ける予定。クラレの持つ製造技術や販売マーケティングのノウハウ、住友商事のマーケティングチャンネルを組み合わせ、競争力ある製造事業の推進を目指す。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフラ予算、上期7千億円 総選挙前に大型PPP案件加速も(09/21)

8月の新車販売、28%増の8.7万台(09/21)

8月の新車販売(表)(09/21)

ボンバルディア、22年までに受注倍増見込み(09/21)

タイ中鉄道第2区間、来年初めに業者確定(09/21)

首都空港の旅客ビル設計、盗用疑惑も契約へ(09/21)

パナがプロジェクター投入、高級市場に照準(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

石灰製品ゴールデン、買収効果で20%増収へ(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン