• 印刷する

韓国電力、日本のエネ見本市で輸出相談実績

韓国電力は6日、2月28日から3月2日まで東京で開かれたエネルギー関連の見本市「スマートエネルギーウィーク2018」に中小企業と参加し、9,388万米ドル(約99億3,440万円)の輸出相談実績を上げたと発表した。

日本政府は2015年7月に定めた「長期エネルギー需給見通し」で、30年には日本の総発電電力のうち22~24%を再生可能エネルギー由来にする計画を発表している。

韓国電力は日本のスマートエネルギー市場への輸出機会を探すために、韓国の中小企業10社と同見本市に参加。日本のエネルギー市場に最適化したエネルギー貯蔵装置(ESS)やエネルギーモニタリングシステムなど、各社の技術や製品をアピールした。

韓国電力は今年、米国やドイツなどで開かれる6つのエネルギー・発電関連の見本市に中小企業と参加する計画だ。これらを通じ、韓国企業の輸出拡大をサポートしていく。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

製薬・バイオの研究開発費に会計処理指針(09/21)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(09/21)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

現代自がスイス社に出資、AR車載を開発(09/21)

欧州に水素燃料電池トラック1千台、現代自(09/21)

光州市の自動車工場新設、労組が反発(09/21)

ヤンゴン―ダラ橋、12月に着工目指す(09/21)

現代重持ち株会社、中国ロボット市場攻略へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン