• 印刷する

ウン兄弟が国内首位、フォーブス世界長者番付

米誌フォーブスが6日発表した2018年版の世界長者番付で、シンガポールからは不動産開発大手ファー・イースト・オーガニゼーションを率いるロバート・ウン氏とフィリップ・ウン氏の兄弟が保有資産108億米ドル(約1兆1,430億円)で140位に入り、同国でトップだった。

シンガポールでこれに次ぐのは、日本ペイントホールディングスの株式39%を保有するゴー・チェンリアン氏の228位。保有資産は70億米ドルで、うち日本ペイントホールディングス株が大部分を占めている。

UOB銀行のウィー・チョーヨー会長は資産66億米ドルで、同国で3番目に高い251位。同氏は4月に開かれる年次株主総会で、60年にわたって務めてきた会長職を退くことになっている。

世界全体で1位だったのは、米インターネット通販大手アマゾン・コムの創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏。保有資産が1,120億米ドルとなり、米IT大手マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏の900億米ドルを抜いて初めてトップに立った。日本勢の最上位はソフトバンクグループの孫正義会長兼社長で39位(資産227億米ドル)。

「ビリオネア」と呼ばれる資産10億米ドル以上の富豪は72カ国・地域の計2,208人となり、過去最多だった。フォーブスは2月9日時点の株価や外国為替レートを基に長者番付を作成した。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本ではタワーマンショ…(12/17)

テクノプロ、海外展開を加速 ヘリウス買収などで相乗効果期待(12/17)

三重県産生がき、シンガポール向け輸出解禁(12/17)

災害リスク保険、日本や後発3カ国が覚書(12/17)

ウミトロン、ペルーで2億円規模の養殖事業(12/17)

SIA、福岡国際空港・CAGと提携(12/17)

国内初の信用調査機関、19年末の稼働目指す(12/17)

シルクエアー、来年6月に豪ケアンズ便増便(12/17)

西部に新バスターミナル、スマート技術活用(12/17)

陸上庁、MRT防音壁設置で入札第3弾(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン