HCM市、20年までに下水8割を処理へ

ホーチミン市は、2020年までに市内の家庭排水の80%を処理できるよう取り組みを進めている。現在は市内2カ所の下水処理場が、全体の1割を処理するにとどまるが、建設中の施設が順次稼働する見通し。7日付ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。 ホーチミン市では1日175万立方…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ(12/18)

JA青森、リンゴ販売本格化 台湾・香港に続く第3の市場に(12/18)

フォード「エコスポーツ」、越で生産2万台(12/18)

バンブー航空、リース機材を初受領(12/18)

ゲアン省のビン空港、拡張計画が浮上(12/18)

越航空の18年業績、ほぼ目標通りの見通し(12/18)

ホアビン建設、ビンGから建設工事3件受注(12/18)

ロッテ、東南アジア事業に本腰(12/18)

HCM市、不動産市場活性化を後押し(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン