• 印刷する

滴滴、9都市で出前サービス開始か

北京小桔科技が運営する中国最大の配車アプリ「滴滴出行」は、主要9都市での出前サービスの開始に向けて、加盟飲食店や配達員の募集を始めたもようだ。経済誌「財経」(電子版)が6日に伝えた。

滴滴が出前サービスへの参入を計画しているのは、江蘇省無錫、同省南京、湖南省長沙、福建省福州、同省厦門(アモイ)、山東省済南、浙江省寧波、同省温州、四川省成都の9都市。具体的なサービス開始時期は決まっていないという。

無錫では、配達を行うバイク運転手の募集を2つのカテゴリーで開始した。「忠誠ドライバー」は、毎週48時間以上オンラインの状態で勤務する必要があり、月1万元(約16万7,000円)の最低賃金を保障。一方の「フリードライバー」は、勤務時間の制限を設けていない。

滴滴の動きの背景には、出前サービスを展開する消費者向けアプリ運営プラットフォーム「美団点評」が配車サービスに参入したことに対抗する狙いがあるとみられている。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

テイクオフ:「いまの治安についてど…(10/16)

消費拡大で各方面へ号令 政府が3年計画、車・環境など(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

ラビダが11カ月連続首位、9月のセダン販売(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

中央企業売上高、1~9月は11%増の21兆元(10/16)

日米のヨウ化水素酸、AD措置を正式決定(10/16)

産業用PC各社、台湾生産強化へ(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン