17年の水使用量が大幅減、料金値上げの効果

シンガポールのマサゴス・ズルキフリ環境・水資源相は6日、市民が1日に使用する水の量は2017年に1人当たり143リットルとなり、前年から3%減少したと明らかにした。昨年7月に水道料金を値上げしたことなどの効果が現れているという。 政府は20年までに、1人当たりの水使用量…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:17日からイスラム教の…(05/24)

4月の消費者物価、0.1%上昇 住宅・公共料金が落ち込み(05/24)

プラップジャパン、6月に現法設立(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

ビットトレード、地場企業に経営権譲渡(05/24)

トウシェ、OCBCと指紋認証技術で提携(05/24)

印取引所、SGXに新商品上場の中止を要請(05/24)

グラブ、バイタク運転手の囲い込み強化(05/24)

株価大幅続落、金融銘柄が安い(05/24)

水処理ハイフラックス、更生管財手続き申請(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン