• 印刷する

テイクオフ:もう「臭い」とは言わせ…

もう「臭い」とは言わせまい。台北市の饒河街観光夜市にある臭豆腐の名店がなんと、「ミシュランガイド」が選ぶB級グルメ「ビブグルマン」に選ばれた。

台湾人にとってはソウルフードとも言える臭豆腐だが、海外では異臭騒ぎを起こすほどのにおいのため外国人には敬遠されがち。さらに今回選ばれた「施ラオバンの麻辣臭豆腐」は、においがより強烈な煮込むタイプとあって、もし今回の評価に携わったミシュランの審査員が欧米人だったら、どの点に反応したのか気になってしまう。

とはいえ、台湾で長く暮らせばにおいにも慣れ、いつの間にかやみつきになるのが臭豆腐の不思議な魅力。台湾初旅行で「あの臭さがちょっと……」と一度も夜市に立ち寄らないまま帰国した友人が、5月にまた遊びに来るという。「ミシュランのお墨付きを得た名店だから」と念押しして連れて行ってみようか。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

19年の最低賃金2.31万元に 時給は150元、労働側「容認できず」(08/17)

研華、工作機械の永進機械と合弁設立(08/17)

TSMCの南科3ナノ工場、環境アセス初審通過(08/17)

鴻海2Q減益に6つの原因=アナリスト(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

産業用PCの神基、通年売上高は2桁増へ(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

CCL3社が生産拡大、台燿は新竹工場増強(08/17)

広達や可成など、アップルAR分野で恩恵か(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン