【為替マーケット分析】混ざり合う複数の力学

■これまでの動き 先週の豪ドルは、3月1日に昨年12月以来の安値となる0.7713米ドルをつけ、週足で2週連続の陰線となり、2日には対円で昨年4月以来の安値水準となる81.51付近まで値を下げ、89円台前半をつけていた1月下旬から6週連続の下落となった。後述する流れの中でダウ…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

技能移民プログラム、不足の職種を公表(16:29)

豪の医療研究投資、4倍の経済効果=報告(16:29)

豪訪問の海外観光客、豪ドル安で8%増加(16:29)

テイクオフ:朝、全国紙を広げている…(10/18)

豪州、TPP11を批准 参加4カ国目、発効に向け前進(10/18)

インドネシアとのFTA、破棄せず=労働党(10/18)

シドニー住宅空室率2.8%、過去13年間最高に(10/18)

貸し渋りで豪集合住宅建設に打撃=フィッチ(10/18)

〔政治スポットライト〕与党、白人至上主義動議に賛成票で弁明(10/18)

一般炭価格、エネ含量との関連なしに急上昇(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン