17年の認可投資、7.4%減 サービス不振が影響、18年は勢いも

マレーシア投資開発庁(MIDA)と貿易産業省は6日、2017年のマレーシアへの国内外企業からの投資総額(認可ベース)が前年比7.4%減の1,971億リンギ(約5兆3,680億円)だったと発表した。セクター別で投資総額の6割を占めるサービスが2桁減となったことが全体を押し下げた。…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

プロドゥア、新SUV「アルス」を発売(18:15)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(20:20)

テイクオフ:日本ではバブル崩壊後か…(01/16)

ペナン州自転車シェアが快調 リンクバイク、国営石油も導入検討(01/16)

RM=26.4円、$=4.09RM(15日)(01/16)

第3国民車の試作車、3月までに公開へ(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

プロトン、海外勢と協業で4700万リンギ調達(01/16)

KTM複線化、TSRが土木工事受注(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン