反発、貿易戦争懸念が減退=香港株式

6日の香港株式市場は反発して終了した。米トランプ大統領が発表した鉄鋼などの輸入制限計画がもたらした世界的な貿易戦争への懸念が和らぎ、投資家心理は改善。値ごろ感から大型銘柄が買い戻されたほか、中国本土の金融、資源銘柄も相場の押し上げ要因となった。香港経済日報系の…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(16:34)

中国、域内秩序と成長促進に支援(20:23)

テイクオフ:領収書にある4,850…(10/15)

企業6割が大湾区に準備 調査、高い経済成長率に期待感(10/15)

中国都市競争力ランク、香港が5年ぶり首位(10/15)

輸出減がGDPに最大0.4%影響、政府高官(10/15)

債券発行も検討、人工島資金に=行政長官(10/15)

生産力局と独機関、香港に拠点=再工業化へ(10/15)

レンゴーの香港社、包装資材の英社に出資(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン