• 印刷する

ヨマ、ウェーブマネー株式取得で金融参入

ミャンマー大手財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下のヨマ・ストラテジック・ホールディングスは6日、ノルウェー系携帯電話サービス、テレノールの現地合弁会社「ウェーブ・マネー」の株式34%を取得する計画を明らかにした。取得額は1,940万米ドル(約20億円)。

同じくSPA傘下のファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)から取得する。取得後のウェーブ・マネーの株式保有率はテレノールが51%、ヨマ・ストラテジックが34%、FMIが10%、大手ヨマ銀行が5%となる。

ミャンマーのフィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)を主導するウェーブ・マネーの株式取得は、ヨマの金融部門参入の力強い第一歩となる。ヨマは、全国2万カ所を超える代理店と提携しているウェーブ・マネーのネットワークを最大限に活用していく方針だ。

ヨマのサージ・パン会長は「金融部門を4つ目の事業の柱に加えたことは、近年で最も大きな進歩だ」と話した。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コメの国境貿易で、中国と政府間協議を要請(13:20)

第1四半期のFDIは低調 8億ドル、通年目標の14%(01/23)

コメ輸出量、EU輸入制限などで減少予想(01/23)

FTA結び戦略的関係へ、EUとASEAN(01/23)

12月のインフレ率、6.86%で昨年最高値(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

国境貿易が3%減、中国国境の管理強化で(01/23)

カチン州で3大臣更迭、スーチー氏が命令か(01/23)

食用油協会、製油所の食品局認可取得を支援(01/23)

ヤンゴン管区の交通違反、18年は3.5万件(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン