沖縄の大宜味村にウナギ輸出 パンガンダランが姉妹都市で提携

沖縄県大宜味村(おおぎみそん)は、ウナギの養殖が盛んなインドネシア西ジャワ州パンガンダラン市からウナギの稚魚を輸入し、同村の特産品であるシークワーサーを餌に用いたウナギとして養殖、ブランド化する計画を進めている。養殖用の稚魚であるシラスウナギの不漁や、ニホンウ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ハラル専用のコンテナと倉庫、協会が提供へ(17:09)

テイクオフ:「腹をしまえ、腹を」と…(05/21)

観光客減で12億米ドル損失も 政府と業界、テロの影響に懸念(05/21)

19年の目標成長率は5.4~5.8%、財務相(05/21)

1~4月の税収、14%増の383.3兆ルピア(05/21)

川崎重工、ジャカルタ新事務所を開所(05/21)

日産現法、高級車インフィニティの販売停止(05/21)

首都政府、デルタ株売却で1兆ルピア調達も(05/21)

1~4月の鉄鋼輸入急増、米輸入制限影響か(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン