• 印刷する

政府認定の開発区2543カ所、リストを更新

中国国家発展改革委員会(発改委)はこのほど、科学技術省や商務省、税関総署と連名で、中央政府または省級政府が認定した全国の経済開発区の最新リストを発表した。開発区は2,543カ所となり、2006年に制定した前リストと比べ975カ所増えている。

中国では1984年に初の国家級経済技術開発区が設立されて以来、外資企業などの受け入れ先として各地で開発区が誕生した。ただ全国での乱立、非合理的な配置、悪性競争といった問題が発生。発改委などは03~06年にかけて全国の開発区を整理し、06年に公認する1,568カ所をリストとしてまとめた。

今回は06年の制定から10年以上が経過し、開発区が元々少なかった地域での新設、拡張や機能変更、統合や閉鎖といった各開発区の変化を反映させるため、リストを更新した。

18年版リストに掲載された開発区のうち、国家級開発区は552カ所、省級開発区は1,991カ所。地域別に見ると、東部は06年版と比べ216カ所多い964カ所、中部は224カ所増の625カ所、西部は425カ所増の714カ所、東北は110カ所増の240カ所となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン