• 印刷する

政府認定の開発区2543カ所、リストを更新

中国国家発展改革委員会(発改委)はこのほど、科学技術省や商務省、税関総署と連名で、中央政府または省級政府が認定した全国の経済開発区の最新リストを発表した。開発区は2,543カ所となり、2006年に制定した前リストと比べ975カ所増えている。

中国では1984年に初の国家級経済技術開発区が設立されて以来、外資企業などの受け入れ先として各地で開発区が誕生した。ただ全国での乱立、非合理的な配置、悪性競争といった問題が発生。発改委などは03~06年にかけて全国の開発区を整理し、06年に公認する1,568カ所をリストとしてまとめた。

今回は06年の制定から10年以上が経過し、開発区が元々少なかった地域での新設、拡張や機能変更、統合や閉鎖といった各開発区の変化を反映させるため、リストを更新した。

18年版リストに掲載された開発区のうち、国家級開発区は552カ所、省級開発区は1,991カ所。地域別に見ると、東部は06年版と比べ216カ所多い964カ所、中部は224カ所増の625カ所、西部は425カ所増の714カ所、東北は110カ所増の240カ所となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

経済政策と元安に不満強める 米、為替操作国認定は見送り(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

中国ベスト、タイで宅配事業開始(10/19)

海外からの対中投資、1~9月は2.9%増(10/19)

マイカー保有台数、1.8億台を突破(10/19)

相次ぐEV発火事故、安全性に不安の声(10/19)

韓国の家電輸出が2割減、米保護主義が影響(10/19)

中石化、香港に初の無人コンビニ出店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン