• 印刷する

首都圏の高速道5区間で一部料金所を撤去

インドネシア公共事業・国民住宅省の高速道路統制庁(BPJT)は、年内にジャカルタ首都圏の高速道路5区間で、料金所の統廃合を進める。一部の料金所を撤去し、支払いに伴う慢性的な渋滞を減らす狙いがある。6日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

対象の5区間は、ジャカルタ外環道路(JORR)のW1セクション、W2セクション、バンテン州ポンドックアレン―ビンタロ―南ジャカルタ・ウルジャミ区間、首都ジャカルタのタンジュンプリオク港に接続するアクセス高速道路など。

撤去は段階的に行い、第1弾として今月中に北ジャカルタのカユブサール料金所を撤去する。道路公団ジャサ・マルガのデシ社長は「料金所を統廃合しても、通行料は変更しない」と述べた。これら高速道路の区間では現在、原則的に入り口で支払う料金を、出口で徴収するようにするためとみられる。

ジャサ・マルガのスバクティ取締役(運営担当)は、JORRの料金所を統廃合することで、近距離区間では交通渋滞が15~20%緩和すると予想した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/18)

台湾観光協会が駐在員事務所を開設(01/18)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

政策金利6%で据え置き、2カ月連続(01/18)

MRTジャカルタ、26日に試験運行開始(01/18)

3月に首都で国際バス展示会、来場者2万人(01/18)

ヤマハ、新型スポーツバイク2モデルを発売(01/18)

川西倉庫、現地法人がハラル認証取得(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン