鉱石公社、自社初の製鉄所稼働へ準備

インドの中部チャッティスガル州で、国営鉱石開発公社(NMDC)が計画する自社初の製鉄所が稼働に近づいている。1日には操業に必要な電力の供給源となる変電設備が運転を開始した。製鉄所は今年9月の稼働が見込まれている。 年産能力は300万トン。国営企業が製鉄所を新設する…

関連国・地域: インド
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スタートアップ大国とし…(10/17)

バングラ新工場を年内に稼働 二輪ホンダ、インド勢を追撃(10/17)

三井金属、二輪用排ガス触媒を3割増強(10/17)

車載電池アマラ・ラジャ、第3工場を着工(10/17)

MGモーター、20年にEVを発売(10/17)

タタ、SUV「ハリアー」の予約開始(10/17)

日本でインドのTVドラマ初配信、Hulu(10/17)

大森機械が6億円で新棟、食品包装機を増産(10/17)

タタ、屋上型の太陽光発電を4年で4倍に(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン