• 印刷する

テイクオフ:地元中学に通うわが娘が…

地元中学に通うわが娘が、親しいオージーのクラスメートから古いタオルを学校でもらったと言う。なぜ古いタオルを? 見せてもらうと驚いた。東京オリンピックの記念タオルだ。誤解するなかれ、2020年の東京オリンピックではなく、1964年のだ。

その女の子が数日後に自宅に遊びに来た際に尋ねてみると、亡くなったおじいさんのお気に入りのタオルだったが捨てるに忍びないので、日本人の友だちにあげてと両親にアドバイスされたのだそうだ。このタオル、半世紀以上使ったにしてはそれほど痛んでいない。

製造元は今となっては不明だが、64年といえば文化大革命も始まっておらず、東京オリンピックのタオルを中国で生産するはずはないので、まず日本製ではないか。だとすると、50年以上たってもまだ十分に使えるタオルを作る当時の日本のメーカーに、頭が下がる思いがした。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電車で不正乗車を取り締…(01/17)

豪の法人関連税率、世界最高級 OECDリポート(01/17)

豪インフラ開発資金、調達に疑問浮上(01/17)

豪1月消費者マインド、100割り込み悲観的に(01/17)

VIC州電力スポット価格予想、熱波で急騰(01/17)

18年のQLD州石炭輸出量、過去最多(01/17)

豪資源企と鉄鋼企、鉄鉱石貨物契約更新せず(01/17)

ホンダ、豪昨年新車販売上位10社で伸び率最高(01/17)

豪オンライン企、海外展開に規制の壁(01/17)

サンシープ、太陽光発電建設の豪社に出資(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン