• 印刷する

テイクオフ:地元中学に通うわが娘が…

地元中学に通うわが娘が、親しいオージーのクラスメートから古いタオルを学校でもらったと言う。なぜ古いタオルを? 見せてもらうと驚いた。東京オリンピックの記念タオルだ。誤解するなかれ、2020年の東京オリンピックではなく、1964年のだ。

その女の子が数日後に自宅に遊びに来た際に尋ねてみると、亡くなったおじいさんのお気に入りのタオルだったが捨てるに忍びないので、日本人の友だちにあげてと両親にアドバイスされたのだそうだ。このタオル、半世紀以上使ったにしてはそれほど痛んでいない。

製造元は今となっては不明だが、64年といえば文化大革命も始まっておらず、東京オリンピックのタオルを中国で生産するはずはないので、まず日本製ではないか。だとすると、50年以上たってもまだ十分に使えるタオルを作る当時の日本のメーカーに、頭が下がる思いがした。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:初めて職業訓練校(TA…(10/19)

豪9月の失業率、5.0%に好転 求職者数が減少(10/19)

賃金上昇率、今後は緩やかに上昇=RBA(10/19)

労組監視機関、企業に集会参加者の報告要求(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

太陽光パネル補助金、消費者の負担18億$に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

資源BHP、通期の銅生産目標を下方修正(10/19)

プレスメタル、日系の豪アルミ株50%獲得(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン