• 印刷する

国内の車両検査で代替を打診、越の輸入規制

ベトナム政府の自動車輸入規制でインドネシアなどからの完成車(CBU)輸出がストップしている問題で、インドネシアのエンガルティアスト貿易相は、インドネシア国内の自動車工場で実施するサンプル検査が、輸入許可条件の一つである車両性能検査の代替として認められないか、ベトナム側に打診する考えを示した。ベトナム政府は輸入の際、輸入ロット(1船)につき1台の性能検査を自動車メーカーに義務付けており、手間や費用がかかることから輸出が一時中断している原因となっている。6日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。

エンガルティアスト貿易相は、事実上の非関税障壁となっている性能検査について、「国内の生産設備で車両のサンプル検査を実施すれば、輸入ロットごとの検査は必要ない」と述べた。ベトナムの輸入規制で生じる、車両の輸出価格の上昇などの影響については、日本の自動車メーカーなどと協議していることも明らかにした。

ベトナム政府は今年1月に施行した政令と通達で、自動車の輸入に当たり「車両品質証明書」(VTA)の提出と車両性能検査を義務付けた。インドネシア政府は、VTAについてはベトナム政府の要求に沿って内容を変更する方針を示している。


関連国・地域: ベトナムインドネシア
関連業種: 自動車・二輪車政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:出社しようとすると家主…(01/22)

【この人に聞く】一種一品の小口発注に対応 精密板金の梅田、下期は工場拡張(01/22)

エクスパンダー、今年は11.5万台の生産目標(01/22)

ダイハツ小売り台数、18年は8.1%増(01/22)

国営鉄道車両製造、バングラに15両を出荷(01/22)

ジャワ横断道路が開通、一部で混雑地点残る(01/22)

国家戦略事業の31案件、10月までの完工を急ぐ(01/22)

18年の鉄鋼輸出額、前年比72%増に急増(01/22)

華安の糖尿病足病変薬、インドネ企業に権利授与(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン