シングテルと国立大、サイバー防衛企業を支援

シンガポールの通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)は6日、シンガポール国立大学(NUS)と共同でサイバーセキュリティー関連の新興企業を支援する「イノベーション・サイバーセキュリティー・エコシステム・アット・ブロック71(ICE71)」を設立すると発表した。こうした機関は域内で初という。

シングテルのベンチャーキャピタル(VC)部門シングテル・イノブ8とNUSの起業支援部門NUSエンタープライズが手を組み、4月に中部ブオナビスタの科学技術産業団地「ワンノース」内にあるIT起業家向け施設ブロック71にICE71を開設。サイバーセキュリティー庁(CSA)と情報通信メディア開発庁(IMDA)の後ろ盾を得て、起業直後または成長段階にあるサイバーセキュリティー関連の新興企業、研究者らを世界中から集めて支援する。

ICE71は作業空間の提供、資金調達やネットワーク作りの支援などを手掛けるほか、新興企業がシングテルといった大企業のサイバーセキュリティー・ソリューションを活用し、仮想環境で実証実験を行えるようにする。

シングテルとNUSは2016年、同大コンピューティング学部にサイバーセキュリティーの研究室「NUS―シングテル・サイバーセキュリティー・リサーチ・アンド・デベロップメント・ラボラトリー」を共同で設立するなど、サイバー攻撃への対応で連携してきた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:17日からイスラム教の…(05/24)

4月の消費者物価、0.1%上昇 住宅・公共料金が落ち込み(05/24)

プラップジャパン、6月に現法設立(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

ビットトレード、地場企業に経営権譲渡(05/24)

トウシェ、OCBCと指紋認証技術で提携(05/24)

印取引所、SGXに新商品上場の中止を要請(05/24)

グラブ、バイタク運転手の囲い込み強化(05/24)

株価大幅続落、金融銘柄が安い(05/24)

水処理ハイフラックス、更生管財手続き申請(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン