• 印刷する

米国の鉄鋼・アルミ輸入制限、タイも警戒

タイ工業連盟(FTI)鉄鋼部会のコラコット事務局長は、米国政府が鉄鋼製品とアルミニウム製品の輸入制限を決めたことで、タイも打撃を受けると警戒を示した。タイ産の米輸出が減少するほか、だぶついた鉄鋼が東南アジアに安価で流入すると見込む。6日付バンコクポストが報じた。

トランプ米大統領は、世界の全ての国・地域を対象にした鉄鋼製品とアルミニウム製品の輸入制限を決めた。それぞれの関税率は、鉄鋼製品が25%、アルミニウム製品が10%。FTI鉄鋼部会は、タイの米国向け輸出量が38万3,496トン、輸出額が104億7,000万バーツ(約354億円)減少すると予測している。

タイ商務省の資料によると、昨年の鉄鋼製品とアルミニウム製品の米国向け輸出額は10億5,280万米ドル(約1,100億円)で、両製品の輸出総額の14.5%を占めた。

また、台湾、日本、韓国、インド、中国、ベトナム、トルコ、ロシアといった鉄鋼の輸出国・地域が、東南アジア諸国連合(ASEAN)向けのダンピング(不当廉売)を実施することも想定している。同部会は、各国の業界関係者と対応策を協議する方針だ。


関連国・地域: タイ米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アウディ、BOIに電動車工場の設置申請(15:05)

700MHzの入札案が承認、5月に実施へ(15:02)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(14:52)

テイクオフ:今月5日に、タイのスワ…(01/16)

マツダの18年販売は37%増 6年ぶり7万台、今年も1割増へ(01/16)

タイCPの食肉加工など、投資7件を認可(01/16)

TMI総合法律事務所がオフィス開設(01/16)

空港高速鉄道入札、CPの特別提案を審査(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン