• 印刷する

テイクオフ:ツイッターなどでセクハ…

ツイッターなどでセクハラを告発する「Me Too(私も)」運動が韓国で勢いを増している。

皮切りとなったのは、著名な演出家イ・ユンテク氏によるセクハラ事件だ。続いて、映画などで名脇役として活躍しているオ・ダルス氏のセクハラ疑惑が発覚。文化芸術界での性暴力の根の深さが浮き彫りとなる。教育界では、教え子の女子学生からセクハラ行為を訴えられた大学教授が自殺未遂を図るといった事件が発生。性暴力疑惑が浮上した安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事が辞意を表明するなど、「Me Too」運動はとうとう政界にも波及した。安氏は次期大統領選挙に出馬するとみられていた大物だ。

男性社会の韓国はもともと、セクハラの被害者に対する偏見も強いとされる。しかし、セクハラを拒否する連帯の動きが確実に大きくなりつつあるといえそうだ。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ジンエアー免許取り消さず、当局が最終決定(08/17)

ポスコエナジー、燃料電池事業を切り離しか(08/17)

LGCNS、社内ベンチャー第1号を分社化(08/17)

コンビニ・外食で省力化の波 賃金上昇で、決済インフラ活用(08/17)

テイクオフ:総勢96人の日韓中の美…(08/17)

韓国、香港で食品販売に注力 コスパに強み、韓流も追い風に(08/17)

主要30グループ、上期投資額が24%増(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

半導体好景気まもなく終了か、懸念高まる(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン