• 印刷する

テイクオフ:またもや手荒い仕打ちを…

またもや手荒い仕打ちを受けた。春の大祭「ホーリー(色水掛祭)」。色とりどりの粉や水を互いに掛け合う狂乱の祭りを今年もヒンズー教の神クリシュナの生誕地マトゥラで体験した。

経験を踏まえ、今回は頭上から振ってくる色水を避けるため、路地は隅に沿って移動。単独行動はせず、インド人に紛れながら歩いて被害を最小限に食い止める作戦を取った。しかし、駄目だった。赤い水が入ったバケツを横っ面に浴びせられ、水鉄砲で打たれた。四方八方から粉をふちまけられ、さんざんな目に遭った。

狭い寺院に数百人が押し寄せ、踊り、叫び、歌い、祈り続ける数時間はあっという間だ。帰りの鉄道は、ホーリーを祝った人々で一杯だった。顔や服にさまざまな色が付いている。満足げに眠る彼らのおかげで、車内は終始静かだった。来年も参加するかはまだ決めていない。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア自動車データ集】生産台数(329)(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

リーラコーエン、日本に就職相談窓口を設置(08/15)

テイクオフ:「ネループレースに行け…(08/14)

CPI上昇率、7月は4.17%に鈍化(08/14)

車両の輸入規制緩和、業界から懸念の声(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

廃車政策、買い替え時の金利補助導入も(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン