• 印刷する

商業省、新輸出規制リストに3345品目

ミャンマー商業省は3月1日発効の省令2018年9号で指定した、新たな輸出規制品目リスト(ネガティブリスト)を発表した。3,345品目が対象になる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が5日伝えた。

リストに含まれたのは、家畜・畜産物、希少植物、種子、コメ、稲、油、油脂植物、鉱物原石、化学品、肥料、爆発物、林産品、宝石、車両、重機、骨董品で、計3,345品目。

輸出規制品目は、食糧安全保障と、人、動物、環境に対する被害防止を目的に指定。指定品目を輸出する場合、事前に輸出免許を申請しなければならない。

昨年発効した省令2017年60号で輸出規制が解禁されたものの、新ネガティブリストに含まれた品目を輸出する場合、発効日(3月1日)から90日以内に輸出免許を取得しなければならない。

商業省は必要に応じてネガティブリストの見直しを行うとしている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

来月7日がディワリで国民の休日に(10/20)

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/19)

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

〔寄り道〕「喉が渇いていますか?僕ので…(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

格付けフィッチ、経済成長率を下方修正(10/19)

携帯MPT、電子書籍サービスを開始(10/19)

英政府とスイス系企業、小口保険の振興支援(10/19)

ラカインリゾート地での夜市に認可(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン