豪の産金量、18年は過去最高の見通し

オーストラリアの産金量が、2018年は過去最高水準に達する見通しであることが、資源コンサルタント会社サービトン・アソシエイツの調べで分かった。新規開発計画が順調に進んでいることなどが、産金量拡大に貢献するとみられている。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

サービトンによると、昨年の産金量は前年比3トン増の301トン(約970万オンス)となり、1999年以来の最高水準を記録。また、昨年第4四半期(10~12月)の生産量は前年同期比6トン増の80トンだった。昨年は、国内で新規事業が相次いで開始されたことに伴い、産金量が大きく伸びたという。

同社のクローズ社長は、今年の見通しについて、新規事業の拡大や鉱山閉鎖などが見込まれないことなどから、「生産量は昨年から20トン近く増える見込み」と指摘した上で、「過去最高を記録した1997年の314トンを超える可能性もある」と期待感を示した。

■産金業者、ピルバラで掘削調査

一方、産金業者のアルテミス・リソーシズはこのほど、西オーストラリア州ピルバラ地区の鉱山で掘削調査を開始すると発表した。深さ3,300メートルまで掘り進め、金の埋蔵量を調査するほか、コバルト、銅、ニッケル、亜鉛、ダイヤモンドなどの鉱物の有無も調べるとしている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本にいる時は、公共交…(05/24)

豪NZ、EUとFTA交渉開始 輸出額最大20%拡大へ(05/24)

〔政治スポットライト〕日豪外相会談、印太平洋の安定で一致(05/24)

生体家畜輸出は継続へ、政府内では意見対立(05/24)

豪車販売企、国内初の日本ペイント商品販売(05/24)

アダニ、資金調達でQLD石炭港権益放出へ(05/24)

オリジン事業、QLD州電力公社などが応札(05/24)

〔ポッサムのつぶやき〕シドニーの交通渋滞、限界点に?(05/24)

ASIC新委員長、資産管理部門の調査加速(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン