ハナ銀行、インド・グルガオン支店を開設へ

韓国のKEBハナ銀行が、インド・グルガオンに支店を開設する方針であることが分かった。5日付ソウル経済新聞によると、同行はインドの金融監督当局と上期中の開設を目指して協議を行っている。

インドに進出しているサムスン電子やLG電子など、韓国製造業の金融支援を強化する狙いがある。これまでは、2015年に開設したチェンナイ支店を中心に、現地に進出した企業や滞在する韓国人向けの営業を行ってきた。

インドは人口比の金融口座保有率が2割程度と低く、今後の伸びしろは大きい。また、文在寅(ムン・ジェイン)政権がインドや東南アジアとの外交・経済協力関係の強化に乗り出しており、韓国企業のインド進出が活発になる可能性が高い。

そのため、韓国の金融機関や銀行のインド事業拡大が活発になる見通しだ。ウリ銀行は現在、200億ウォン(約19億4,000万円)を投じて地場金融会社の買収を推進している。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

米朝会談中止で高まる緊張 双方の策裏目、遠のく非核化(18:12)

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

政策金利を据え置き、1.5%で6カ月連続(05/25)

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(05/25)

高麗大と企業30社、ブロックチェーンで協力(05/25)

欧R&Dネットワーク、韓国がパートナーに(05/25)

自動運転のバスと貨物車、政府が実証研究へ(05/25)

カガヤン港改修に210億円、投資誘致へ(05/25)

起亜自、「スティンガー」19年モデルを発売(05/25)

人工透析機器の明基透析、年末にも韓国進出(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン