• 印刷する

広州市南沙の明珠湾大橋着工、21年開通予定

広州市南沙区にある万頃沙島の万環西路から珠江河口の竜穴南水道を越え、南沙経済開発区の虎門連絡道に至る「明珠湾大橋」の建設が3日、正式に始まった。全長は付属道路を含め7.77キロメートルで、橋梁部分は2.64キロとなる。開通は2021年8月の予定だ。南方網が伝えた。

明珠湾大橋は3本の主桁を6連続の鋼鉄トラスアーチ構造で支えるもので、最も長い鋼鉄トラスアーチは436メートルあり、このタイプの橋では世界最長となる。

施工は中国鉄建大橋工程局集団が担当する。受注額は30億8,000万元(約512億5,200万円)。


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(19:13)

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(13:27)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン