豪の資源投資魅力度、過去5年下落傾向

オーストラリアの州・準州への資源投資に関する魅力が、2017年までの過去5年間に下落傾向にあることが、カナダに本拠を置くシンクタンク、フレイザー・インスティチュートの調べで分かった。再生可能エネルギーを推進していることなどが影響している。ただ、世界順位では、上位15…

関連国・地域: オーストラリア米国カナダ欧州
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪1月消費者マインド、100割り込み悲観的に(20:27)

ホンダ、豪昨年新車販売上位10社で伸び率最高(20:27)

シドニー住宅空室率、供給増で3.6%に上昇(20:27)

テイクオフ:オーストラリアやニュー…(01/16)

クレカ口座件数、4年来低水準 代替支払い手段の利用拡大で(01/16)

〔政治スポットライト〕豪州、東京TPP会合で加盟国拡大推進へ(01/16)

自動運転電車、シドニー北西線で4月導入(01/16)

豪海運労組、待遇維持要求で港湾スト(01/16)

リオの鉄鉱石事業、WA港火災で出荷に影響(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン