労働時間短縮に疑問符、打撃大きい業種も

韓国国会がこのほど、労働時間を短縮する勤労基準法の改正案を可決したことを受け、法改正により宿泊・飲食業、不動産・賃貸業が大きな影響を受けるという韓国経済研究院の分析結果が注目されている。4日付ニューシスが伝えた。 改正案は週当たりの法定労働時間を最大68時間から…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

現代自、ジェネシスブランドでHV発売か(13:25)

テイクオフ:1年前の本欄で、雑貨輸…(05/28)

米朝会談の不透明感深まる 米が中止通告も、北朝鮮は意欲(05/28)

正恩氏「確固たる意志」、米朝首脳会談へ(05/28)

トランプ氏一転前のめり、北朝鮮の「善意」評価(05/28)

核実験場取材終え帰還、外国記者ら北京到着(05/28)

米朝首脳、6・12会談へ意欲(05/28)

4月の輸出物量指数7.3%上昇、韓国銀行(05/28)

代理店への本社不公正行為、公取委が根絶策(05/28)

アップル・サムスン訴訟、賠償金590億円に(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン