労働時間短縮に疑問符、打撃大きい業種も

韓国国会がこのほど、労働時間を短縮する勤労基準法の改正案を可決したことを受け、法改正により宿泊・飲食業、不動産・賃貸業が大きな影響を受けるという韓国経済研究院の分析結果が注目されている。4日付ニューシスが伝えた。 改正案は週当たりの法定労働時間を最大68時間から…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

中国人団体客の韓国行き再開、業界に期待感(15:34)

釜山発日本経由のクルーズ船、4月に就航(15:33)

サムスン、タイの大型石油プラント受注(13:26)

テイクオフ:娯楽室――。日本人は囲…(10/22)

LCCの参入規制を緩和 旅行需要に対応、雇用創出に期待(10/22)

18年成長率2.7%に下方修正、韓国銀行(10/22)

米の為替報告書、韓中を監視対象に(10/22)

韓国の飲食宅配アプリ、来年にベトナム進出(10/22)

韓国投資証券、香港法人を有償増資(10/22)

ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン