• 印刷する

テイクオフ:国家開発省と関係機関が…

国家開発省と関係機関があなたのために動いています――。シンガポールのリー・シェンロン首相がフェイスブックのある投稿にこんなコメントを付けた。

シンガポール西部にあるチャイニーズ・ガーデンの敷地には、500匹余りのカメが暮らす「カメ博物館」があるが、土地のリースが今月末に終了するのに伴い立ち退きを迫られているという。しかも、今後カメを飼育できる場所は決まっていない。博物館を運営するタンさんは複数の政府機関に相談してきたが、先日「何も進展していない」と悲痛な心境をフェイスブックに投稿。4,000回以上もシェアされ話題となった。

そこにリー首相が救いの手を差し延べた。タンさんは「首相の言葉に感動しました。きっともうすぐ(政府から)連絡が来ますね」と安堵(あんど)の表情を浮かべたとか。鶴の一声で事態がどう進展するか、動向を見守りたい。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン