• 印刷する

ブロックチェーンのシャリア指針、作成開始

マレーシア政府はこのほど、ブロックチェーン(分散型台帳技術)のタスクフォース(特別作業チーム)を立ち上げた。国内でのブロックチェーン振興の方向性を定めるとともに、シャリア(イスラム法)に適合した活用ガイドライン作成も検討する。2日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

科学技術省(MOSTI)のアブ・バカル・モハマド・ディア副科学技術相が1日、クアラルンプール(KL)で開催された国際ブロックチェーン&ワクフ(イスラムの教義の「寄進」)フォーラムで明らかにした。同副相は、ブロックチェーンに対して政府は「各産業の効率性を高めると確信している」と説明。タスクフォースが関係企業や団体などと協議した上で、ブロックチェーンの開発と実用化を振興させる方向を示すと述べた。

また同副相は、イスラム金融やハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)産業の分野でマレーシアは世界をリードしており、「新技術を活用し、将来的にもチャンピオンの座を維持したい」と強調。シャリアに適合したブロックチェーンの振興ガイドラインの作成方針を示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「一足飛び」を数年前か…(10/23)

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(10/23)

廃棄物処理の国際会議、マレーシアで初開催(10/23)

RM=27.1円、$=4.15RM(22日)(10/23)

ペトロナス、オマーンで油田権益10%獲得(10/23)

石炭価格の上昇、電気代引き上げの可能性も(10/23)

太陽光関連も電気代請求一括精算、来年から(10/23)

マ家電市場、今後も成長=仏グループセブ(10/23)

タクシーと配車運転手、SOCSO義務付け(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン