金融庁、貯蓄国債の購入制限を緩和

シンガポール金融管理庁(MAS)は1日、個人投資家向け国債「シンガポール貯蓄国債(SSB)」について、1人の投資家が一度に購入できる額の制限を同日付で撤廃すると発表した。これまでは5万Sドル(約400万5,000円)が上限となっていたが、より多くの投資が可能となる。 …

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:女子テニスの年間成績上…(10/23)

石油・ガス業界向けコンサル強化 横河電機傘下KBC、新ハブ設立(10/23)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(10/23)

シグマ光機、来年1月に子会社設立(10/23)

セムマリン、FPSOの改修作業を受注(10/23)

UOB銀、オンラインで個人の手続き全て可能に(10/23)

株価反発、金融DBSは0.4%高(10/23)

ユーロカーズ、26日にサービス施設を正式開所(10/23)

電子行政サービスが指紋・顔認証で利用可に(10/23)

南洋大、V2X技術開発で民間事業者と提携(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン