ドリアンの女王、海外進出加速 中国で大ブーム、日本でも商機探る

「果物の王様」と呼ばれる南国フルーツの代表格、ドリアン。その強い香りから好みが分かれるが、マレーシアでは品種改良が進み、200種以上を擁する重要作物だ。近年、中国や香港、シンガポールといった中華圏でのドリアン消費が急拡大し、市場価格はうなぎ上り。一方、マレーシアで…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夫はマレーシア華人だが…(10/15)

卵子提供、高まるマレーシア人気 「わが子」の願いと倫理の問い(10/15)

RM=27.0円、$=4.15RM(12日)(10/15)

PASDEC、ボツワナで日産から受注(10/15)

東南アの越境投資顧問容易に、まずは4カ国(10/15)

プロトンの「X70」、タイなどに輸出へ(10/15)

MAHB、非航空事業の売上高拡大に注力(10/15)

トップグローブ、18年通期売上が過去最高(10/15)

タウィン、中国企業と銅ロッド生産へ(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン