• 印刷する

サイジョー、エアコンに微小粒子除去技術

タイのエアコンメーカー、サイジョーデンキ・インターナショナルは、微小粒子状物質「PM2.5」を除去する新技術「インバーターシュア」を搭載したインバーターエアコンの新製品を年内に発売すると発表した。1日付ポストトゥデーが報じた。

インバーターシュアは、運転開始後2時間以内に空気中のPM2.5を99.9%除去するとともに、消費電力を従来モデルの半分に抑える新技術。既に日系の試験会社ジャパン・エレクトリカル・テスティング・ラボラトリー(タイランド)とキングモンクット工科大学トンブリ校で試験を実施しているという。

サイジョーデンキは毎年1億~1億5,000万バーツ(約3億4,000万~5億円)の研究開発(R&D)予算をインバーターエアコンの技術開発に投じている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN】日本に似てきたタイ市場(01/23)

テイクオフ:分かりそうで分からない…(01/23)

18年の新車販売は103.9万台 5年ぶり大台、19年も百万台予測(01/23)

ブリヂストン、輸出強化で5%増収目標(01/23)

メルセデス、高級クーペのCLSを発表(01/23)

PPP委員会、オレンジライン西部区間承認(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

レムチャバン港入札、公団がTOR修正へ(01/23)

18年の主要6空港利用者、5.5%増の1.4億人(01/23)

フェリー運航ラチャ、南部で3路線目を就航(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン