• 印刷する

クラブでのヒジャブ発表会、主催者が謝罪

マレーシアでヒジャブ(イスラム教徒女性のスカーフ)の製品発表会がナイトクラブで行われたことに、インターネット利用者を中心とした消費者が強く反発している。主催者側は、今後は国民の不快感を招かないよう細心の注意を払いたいと謝罪した。

1日付ニュー・ストレーツ・タイムズによると、批判の対象となっているのは、ヒジャブの有名ブランド「ナエロファー・ヒジャブ」。

2月26日に首都クアラルンプールにある著名なナイトクラブ「ズーク」で新製品の発表イベントを開催したところ、インターネット利用者などの間から、イスラム教で禁じる飲酒が可能な場所でヒジャブの発表を行ったことを批判する意見が続出。ナエロファーの商品をボイコットするよう呼び掛ける動きも表面化していた。

同ブランドの販売を統括するノール・ニロファ・モハド・ノール氏は、イベントが社会問題化していることを認めた上で、「ナイトクラブという場所を選んだことは軽率だった」と謝罪。アルコール飲料の提供はなく、ハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)認証の食事を提供したと釈明した上で、「今後はマレーシアの宗教、文化を最大限に尊重していきたい。消費者、特にナエロファーの愛好者にお詫びしたい」とコメントした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新車販売、12月は11.9%減 GST撤廃後の消費一服感続く(01/18)

RM=26.4円、$=4.11RM(17日)(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

低所得者への燃料補助、現金支給求める声(01/18)

水道料金値上げ、大半の州と合意成立(01/18)

石油精製ヘンユアン、水素プラント建設へ(01/18)

シーセラグループ、新株発行で債務完済へ(01/18)

病院KPJ、19年は4カ所に新設計画(01/18)

ダイドー、飲料製造合弁の株式一部売却(01/18)

外食QSR、4~6月期に再上場へ(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン