SMのマニラ湾埋め立て開発、実現へ前進

フィリピンの財閥SMグループが、マニラ湾で計画する埋め立て開発事業の実現に向け、一歩前進したもようだ。埋め立て事業を管轄する土地造成庁(PRA)に近い関係者が、同事業は環境天然資源省から環境適合証(ECC)を取得したと明らかにした。認可手続きの90%程度が完了し…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに9227人感染(19:59)

LG、フィリピンに「スマートランドリー」(17:34)

テイクオフ:国民同士で助け合い、食…(04/21)

ワクチン接種、大幅に遅れ 人口の1.2%止まり、調達進まず(04/21)

新型コロナ、新たに7379人感染(04/21)

J&Jと印製ワクチン、緊急使用を承認(04/21)

3月の輸入車販売95%増、コロナ反動(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン