食品の卜蜂、雲林でAI活用の飼料工場を着工

タイ大手財閥ジャルーン・ポーカパン(CP)グループで、台湾で食肉加工を手掛ける卜蜂は2月28日、同社にとって3カ所目となる飼料工場を雲林県斗六市で着工した。新工場では人工知能(AI)を活用し、人件費削減につなげる。1日付経済日報などが伝えた。 新工場の年産能力…

関連国・地域: 台湾タイ
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、生産拡大に1364億元予算(17:51)

テイクオフ:「不要再一個人喝酒(も…(08/15)

台湾企業もトルコ危機に対応 現地PC価格、ドル建てに変更も(08/15)

鴻海、18年2Q純利益は5年来の低水準(08/15)

FPCの同泰、中台で生産能力増強(08/15)

元太科技、電子ラベルの世界シェア65%に(08/15)

ラクスジェン、「U7」の中国製造を停止(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

立凱電能が蓄エネ市場進出、日系企業も協力(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン