政府報道官「米は不誠実」、支援一部停止で

米国がカンボジアへの支援を一部停止・削減すると発表したことを受け、カンボジア政府が反発している。同国政府広報官は「自由民主主義を目指している中、米国の決定は不誠実だ」と批判した。プノンペン・ポストが1日報じた。 同広報官は、米の支援引き揚げについて「真の民主主…

関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼産業の成長道半ば 消費見劣り、輸入でコスト高(05/22)

国道5号線の南区間、日本支援で改修に着手(05/22)

中国カセン、地場アットウッドと資本提携(05/22)

労働許可証の取得、年初来で7万人に(05/22)

ネット情報の一括監視、政府が計画か(05/22)

空港などにQRコード導入、サービス評価へ(05/22)

小口金融の融資残高、3月末で約4割増(05/22)

アユタヤ銀、ベトナム消費者金融の参入先送り(05/22)

如興、タンザニアの生産能力を自社最大に(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン