• 印刷する

車部品業界、成長促進へ協会設立を計画

ミャンマーで自動車部品の輸入、販売、生産などに携わる業者などが、業界団体の設立を計画している。情報共有や問題解決、政府との連携などを通じ、業界の成長を促進したい考えだ。ミャンマー・ビジネス・トゥデー(電子版)が伝えた。

団体名は「ミャンマー自動車部品協会」(MAPAA)になる見通し。ただ、最終決定はしていない。自動車の部品や付属品、装備品などに関連した事業を展開していることが加盟条件になる。

自動車関連業者エヤワディ・パワーのチョー・モー・スエ氏は、「2016年から協会設立を目指し活動してきた。政府の認可を取得できれば正式な協会として発足させたい」と説明した。同氏は発足後、筆頭の副会長に就任する予定。

設立発起人らは2月15日に初回の会合を開き、協会の目的や計画について協議。2回目の会合は27日に開催された。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

砂糖・燃油の再輸出認可、ドル高で一時中止(15:46)

日本留学への関心高まる フェア、過去最高の2千人来訪(08/20)

関西電力、マンダレー近郊で水力発電所(08/20)

通貨安で経済界と協議予定、スー・チー氏(08/20)

中銀、7月末から累計700万ドルを売却(08/20)

スーチー氏、19~22日にシンガポール訪問(08/20)

ラカイン諮問機関、最終報告書を提出(08/20)

コフィ・アナン氏が死去=ラカイン問題に勧告(08/20)

貢献に謝意、アナン氏死去で社会福祉相(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン