キャピタランド、ハノイで初の複合開発案件

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは1日、ベトナムの首都ハノイで初となる複合開発事業を手掛けると発表した。同市タイホー区に、25階建てのビルを建設する。総事業費は約2億1,700万米ドル(約231億3,400万円)。 同社は完全子会社CVHネレウスを通じて、タイ…

関連国・地域: ベトナムシンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ハッピーバースデー・…(01/21)

生命科学やハイテクで採用増 蘭社報告書、昇給率15%も(01/21)

家電量販ノジマ、同業コーツアジアにTOB(01/21)

チャレンジャー、高級オーディオ専門店開業(01/21)

デカトロン、カランで国内最大の店舗を開業(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

KPMG、「スマート国家」推進へ要望書(01/21)

センチュリーリンク、サイバー防衛拠点開設(01/21)

通信塔建設で外国3社と覚書、ICT省(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン