キャピタランド、ハノイで初の複合開発案件

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは1日、ベトナムの首都ハノイで初となる複合開発事業を手掛けると発表した。同市タイホー区に、25階建てのビルを建設する。総事業費は約2億1,700万米ドル(約231億3,400万円)。 同社は完全子会社CVHネレウスを通じて、タイ…

関連国・地域: ベトナムシンガポール
関連業種: 金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

対日投資残高、伸び率1%に鈍化(17:47)

1~3月期GDPは4.4%増 外需回復で18年成長率を上方修正(05/25)

UDトラックスが新型クオン発売、海外2カ国目(05/25)

1~3月輸出額は1%増、前期から大幅鈍化(05/25)

1~3月期、上場企業の7割強は黒字(05/25)

大塚製薬、医薬品販売の現法設立(05/25)

ドンキ2号店、中心部で6月にオープン(05/25)

ワイズテーブル、地場企業と渋谷に飲食店(05/25)

デジタルマーケティングの米社、拠点を開設(05/25)

JTB、セントーサ島に特化した新商品発売(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン