• 印刷する

テイクオフ:不倫とセクハラ疑惑のダ…

不倫とセクハラ疑惑のダブルパンチで、オーストラリアの副首相と国民党党首の座を失ったバーナビー・ジョイス氏。自由党のノラ・マリノ下院議員の事務所から、同氏をからかう内容の画像付きの電子メールが送付され、物議をかもしている。

「クラスで問題を起こしたら、誰にも好かれていない変な子と座らされる」という文面で、ジョイス氏がトニー・アボット前首相と肩を並べ、談笑している古い写真が添付されていたという。この場合、問題を起こした子がジョイス氏で、誰にも好かれていない子がアボット氏ということになる。実際に両氏は現在、議場では比較的近い距離に座っている。

アボット氏は閣僚への復帰をあきらめておらず、ジョイス氏の支持者も再起を信じているというが、両氏がエルバ島に追放されたナポレオンのように復活を遂げられる可能性はありやなしや。(城一)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地元のジュニア・バレー…(01/22)

今年の豪賃金、資源がけん引 大型プロジェクトが押し上げ(01/22)

石炭港で労組がピケ、ロックアウトに抗議(01/22)

〔政治スポットライト〕労働党、政府調達で地場企業利用義務付け(01/22)

電力網は熱波で限界、停電の危険=AEMO(01/22)

豪横断ガスライン、政府は採算性に疑問(01/22)

製造レマパックが破綻、ガス価格高騰で(01/22)

鉄道からトラックへの切り替え困難=大手企(01/22)

豪ジェットスター、乗客乗せすぎ判明(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン