農地利用の太陽発電施設、湖北省当陽で稼働

湖北省当陽市の廟前鎮で、農地に太陽光発電パネルを設置し、農作物の栽培と太陽光発電を同時に行う仕組みの発電施設がこのほど、稼働を開始した。農地ではサツマイモのほか、ラベンダーも栽培する予定で、発電と農作物栽培だけでなく、観光客誘致の効果にも期待を寄せる。2月27日…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 農林・水産建設・不動産電力・ガス・水道観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

人民銀、新方式で市場に4兆円資金供給(15:07)

コメの国境貿易で、中国と政府間協議を要請(13:20)

軍病院が新棟開設、中国が2億元支援(01/23)

中国が40億元無償支援 首脳会談、貿易額も倍増へ(01/23)

深セン前海地区の拡大表明 市長、香港との協力深化に期待も(01/23)

テイクオフ:海南島産のコーヒー粉を…(01/23)

首相が中国で投資呼掛け、行政効率化を強調(01/23)

中国自主ブランド車に陰り 4年ぶりシェア縮小、逆風直撃(01/23)

ラビダが4連覇、18年のセダン販売(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン