農地利用の太陽発電施設、湖北省当陽で稼働

湖北省当陽市の廟前鎮で、農地に太陽光発電パネルを設置し、農作物の栽培と太陽光発電を同時に行う仕組みの発電施設がこのほど、稼働を開始した。農地ではサツマイモのほか、ラベンダーも栽培する予定で、発電と農作物栽培だけでなく、観光客誘致の効果にも期待を寄せる。2月27日…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 農林・水産電力・ガス・水道建設・不動産観光・娯楽社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アリババ、パキスタン企業買収で緬に進出(18:52)

豪のごみ問題深刻化、日本の焼却技術に注目(17:56)

「地条鋼」の再稼働防止、21省区市で査察(19:42)

テイクオフ:レストランで清涼飲料水…(05/22)

ブロックチェーンは高成長期 工情省が白書、企業数456社(05/22)

中国カセン、地場アットウッドと資本提携(05/22)

ECの信頼性向上へ、悪質業者の制裁強化(05/22)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(05/22)

デリバティブ取引所APEX、25日に開業(05/22)

1~4月の電力消費、9.3%増の2.1兆kWh(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン