• 印刷する

首都の工業団地、労働集約型産業を優先

ミャンマー政府は、首都ネピドーに開発したダキナティリ工業団地で、縫製工場など労働集約型産業を優先的に誘致する方針だ。雇用拡大を促進する狙い。ミャンマー・ビジネス・トゥデー(電子版)が2月26日伝えた。

首都を管轄するネピドー評議会のティン・トゥト評議員は「ダキナティリ工業団地には、環境などへの影響が少ない縫製、電子分野などの製造業を誘致していきたい」との意向を示した。

政府は2013年にダキナティリ工業団地の開発に着手。レイワイ駅とネピドー国際空港に挟まれた約345エーカー(約140ヘクタール)の敷地に100区画を整備した。1区画当たりの面積は3.45エーカーで、これまでに56区画を販売したという。

既に認可したのは、倉庫と付加価値の高い製造業(26区画)、機械工場(2区画)、発電施設(1区画)。残る27区画については、9社が工場建設を提案しているもようだ。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

スズキ、販売好調で新モデル 成長市場で投資継続(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

大統領、バリ島でASEAN首脳会議に出席(10/16)

ラカイン、木材管理など一部権限の移譲提案(10/16)

ボルボ、ヤンゴンの新車登録制度遅延で打撃(10/16)

マグウェーの太陽光発電所、来月から稼働(10/16)

麻薬栽培転換のコーヒー豆、欧州に初出荷(10/16)

軍系野党USDP、補選の目標は5議席獲得(10/16)

生活習慣病の死亡原因、喫煙がトップ(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン